サテライトゆるふわパラパラチャーハン

アヴェリーヌたんのカチューシャで栄養を摂りたい

スペシウムボーイズの妄想あれこれ

科学ADV公式のエイプリルフールネタ(?)であるスペシウムボーイズについて私がツイッターで呟いたりしたものを含む妄想ネタのまとめ。

若干他の科学ADV作品に関するネタバレがあったりなかったりします。

上の方に公式情報、下の方に私の勝手な妄想が書かれているので公式情報をさらっとおさらいしたい人は上だけ見ましょう。忖度。

【正式名称】

空想科学ADV SPECIUM;BOYS

(公式略称はスペ男ですが、スペシウム少年と紛らわしくなるのを避けるためここではスペボと略します)

 

【公式情報】

*作中出来事

・千導光宙が幼少期に母親と行った病院の上空に光る物体を目撃。

2036年2月23日午後6時、千導光宙がブドウ畑の上に"それ"を目撃。

・2038年、山梨県甲府市消失。

 

 

*作中出来事詳細

・幼少期の目撃

幼少期に千導光宙は母親と行った舞鶴総合病院の上空に光る物体を目撃。

光宙はそのことを中学3年生の冬まで忘れていた。

・36年2月23日の目撃

物語の始まりとなる目撃。

オカンのニゴロ事件のように最初に事件だけを描いてから時系列を戻すかどうかは不明。

甲府消失

山梨県甲府市が忽然とこの世界から「消失」をしてしまう事件。

消失後には人や動物、瓦礫など何一つ残っておらず、そこにははるか上空からでしか認識できないような大きな模様のようなものが残った。

死者・行方不明者数、不明。

 

 

*Tips(解説があるものは公式で言及されたもの)

甲府事件

1975年2月23日に甲府で起きたUFOと宇宙人の目撃事件。国内では特に有名な「第三種接近遭遇」の事例。

・未確認飛行物体

正体不明の飛行物体。Unidentified Flying Objectの頭文字をとってUFOとも呼ばれる。

・ミステリーサークル

英国をはじめ世界中で目撃されている、穀物などが円形に倒される現象。その性質上主に畑地で目撃される場合が多い。見下ろすと幾何学状の模様を描き、その種類は多様である。

・トーラス

ドーナツ形をはじめとする、種数が1の平曲画のこと。そのエネルギーを利用すれば循環型のフリーエネルギーを生み出せるという説がある。

ロズウェル事件

ジョン・タイター

ブラックホール

ワームホール

 

【登場人物】

・千導 光宙 (せんどう ひかる)

山梨学園大学付属高校に通う高校1年生。

UFOオタクで日々ロズウェル事件の日本版などを研究している少年。一人称は僕。

高校までは自転車通学2時間半。中学時代の通学用ヘルメットをいまだに愛用している。

幼い頃、母親と行った舞鶴総合病院の上空に光る物体を見た記憶がある。

最近までその記憶は忘れていたが、中三の冬位からふと思い出すようになり、高校進学を機に真相を探るべくUFO研究部を立ち上げた。

・阿万音鈴羽 (あまね すずは)

公式ビジュアルで光宙の後ろにシルエットあり。

作中でどのような立ち位置なのかは不明。

唯一公式から明かされている光宙以外の登場人物のため重要な立ち位置である可能性が高い。

世界線的には橋田鈴羽?

 

 

【その他キーポイント】

・キーワードは「記憶」「気づき」「目撃」

・公式イラストの光宙の後ろに「300」という文字。

・2月23日は光宙の祖父の誕生日。

・光宙が幼少期に目撃した光る物体は円盤のような形だった。

 

 

 

※ここから下は妄想を含む内容です※

 

【公式情報を踏まえた上での妄想】

 

*UFOはタイムマシン理論の応用品

SG世界線では300人委員会はタイムマシンの実用化に辿り着くことができなかった(ゲル化の課題を完全には解決できなかった)ため、その過程で手に入れた時空転移技術を人口削減に利用。

時空転移実験により過去に飛ばされた物質、時空転移の副作用を受けた人間はUFOや宇宙人として認知された。

時空転移は日付、位置の指定までは可能であり、光宙の目撃や甲府事件は委員会の実験によるもの。

甲府消失などの隠れ蓑にするためUFOや宇宙人などのブームを委員会が意図的に起こす。(光宙が幼少期の目撃を思い出すトリガーに?)

 

*ミステリーサークルは時空転移装置の一部

時空転移の後にはミステリーサークルのような模様が残るor時空転移の装置としてミステリーサークルが必要。

ミステリーサークルの中でトーラスが浮かび上がるものは時空転移実験に利用される(された)もの。

ミステリーサークルは300人委員会の本部があるイギリスで多く発見されている。

トーラスの無いミステリーサークルは都市伝説として隠れ蓑にするために委員会が作ったフェイクや、委員会とは無関係の人間が注目を浴びるために作ったもの。

ミステリーサークルを都市伝説として広めることには時空転移装置周辺の保護の目的もある。

 

*時空転移実験について

ロズウェル事件など多くの事件も時空転移実験に関連。

怪雨現象ファフロツキーズも委員会の実験によるもの。

甲府の消失は時空転移装置を用いた初めての大規模な実験、もしくは大掛かりな計画の第一段階。

 

 

【ネタ案】

こういうのあったら面白いよね!的な妄想ネタのまとめ。

後先考えてないネタが多いです。

だれかここのネタ使っていいからスペボのなんか作れ。なんなら手伝うから、作れ。

作れ。

 

*主人公達の共通点は「目撃」

主人公達UFO研究部(以下UFO研)のメンバー達には空飛ぶ光る物体を目撃した過去がある。

光宙はその目撃によってUFOの真相を追うという方向に進んだ一方で、他の登場人物が目撃によってどのように変わっていったのかが描かれたら面白そう。

そしてその「目撃」という経験が主人公達が甲府消失に巻き込まれるのを免れることに繋がったら面白そう。

光宙も過去に目撃をしているので、目撃が消失の回避手段になっていたら甲府消失に巻き込まれないことになり、見慣れた景色が消える瞬間を目撃することになる。

 

*UFO研メンバーで鈴羽のみが消失に巻き込まれる

鈴羽には光る物体を目撃した過去が無かったためUFO研メンバーのうち一人だけ、UFO研メンバー全員の目の前で消失に巻き込まれてしまう。

科学ADV主人公が強大な何かに立ち向かう覚悟を決めるトリガーはヒロインであってほしいという個人的な考えから。

個人的には光宙くんが鈴羽の落としたスマホを拾って顔を上げた瞬間に目の前から鈴羽が消える、っていう演出を妄想。

目の前から突然見慣れた景色や大切な人が消えるという衝撃を与えつつ、鈴羽のスマホを光宙が持つことでDaSH含む反委員会組と連絡を取るきっかけになるため。

 

*光宙と鈴羽がタイムマシンに乗る(鈴羽√?)

千代丸会長がツイッターで「SG世界線でタイムマシンが作られないとは誰にも断言できない」と発言。

スペボは2036年の物語のため完成したタイムマシンを登場させることができる。

上の鈴羽だけが消失に巻き込まれる展開の場合、正直タイムマシンかタイムリープマシンが無いと鈴羽を助けるのは厳しいのでタイムマシン理論を用いた何かは登場させる必要はありそう。

 

*空想科学と妄想科学の関連性

何一つとしてネタは思いついてないけど空想と妄想は近いものな印象が強いので光宙くんの能力が別ベクトルに成長したギガロマみたいな感じだったら面白そう。

光宙くん達が目撃した光る物体の放つ光が白い光だったりとかしてね。

 

*消失直前の甲府市

歴代の科学ADVの事件時を思わせるような演出があったら面白そう。

ロボノの一件のように別の大きなもので目を引かせたり(大々的にUFOのARや模造品を登場させて甲府消失をUFOの仕業として扱う)シュタゲのように甲府交通機関を麻痺させるなど。

シュタゲのアキバでの交通機関の麻痺は別世界線での出来事なので別として、ロボノの時の演出は都市伝説や陰謀論にある程度詳しいキャラがいるとお台場での一件について知っていて違和感を察知できるかも。

かごめかごめは君島レポートで一度言及されてしまっているのでUFOの仕業と思わせるためにもここでは流さない方がいいかもしれない。

 

*「スペシウムボーイズ」の意味

スペシウムは架空の物質なので、主人公達が実は空想上の存在とも呼べる存在だったりしたら面白そう。

もしくは光宙と鈴羽がタイムマシンで過去に跳びこの世界から消えることを空想上の存在になったとして扱っても面白そう。

 

甲府消失を防ぐ手段はタイムリープ

UFO研の目撃の記憶を元にタイムリープして委員会を撹乱するための偽UFOを作る。

UFO研メンバー達が目撃したUFOの情報、そして何よりUFOを目撃した「記憶」が必要なのでタイムリープするのは光宙である必要がある。

光宙の頭の中にある目撃の記憶を使って偽UFOの設計図かARなどを作る。

 

* ≒宇宙人の登場人物

時空転移実験による副作用を受けた人間は宇宙人として認知された。

時空転移の実験台となった多くは原型を留めない、そもそも生存していない場合が多く委員会の手で回収されている。

その中で奇跡的に生存し、委員会から逃げ延びた登場人物がいたら面白そう。

反委員会組は委員会といざこざがあった人物が多いので、反委員会勢力として登場させられそう。

登場させる場合副作用が必要になる(身体や器官の一部のゲル化、成長の停止など)

また光宙の祖父は甲府事件と日付が同じため宇宙人(≒の可能性未来で実験台にされた人間)である可能性。

その場合副作用の遺伝のような形で光宙が能力を持っている裏付けになるかも?

 

*「嘘」をもう一つのキーワードに

スペボ自体がエイプリルフール(嘘)から始まった作品。

UFO自体が委員会の計画の隠れ蓑という嘘から始まった存在。

スペシウムは架空の物質なのである意味で嘘の存在と言えなくもない。

過去の「目撃」から「嘘」をつくようになった登場人物。

光る物体を目撃しているがUFO否定派になった(自身に対する嘘)、目撃によってさらにUFOに対して懐疑的になり自身の目撃を隠してきた(周囲に対する嘘)、実際の記憶と目撃の記憶に齟齬があり結果的に語っていた目撃の経験は嘘であった(無意識による嘘)など。

「嘘」っていう言葉はいろんなところに絡めることができそう。

 

*本物の宇宙人

UFOという未知の存在を一口に委員会の隠れ蓑として扱ってしまうのはどうなのかという考え。

委員会のものではないUFO(上位層?本当に宇宙から来た存在?)を登場させる。

時空転移実験の被害者(≒宇宙人)とは別で登場人物の中に正真正銘の宇宙人を紛れ込ませる。

解明されるUFOと未知の存在のまま終わるUFOがある。

宇宙人が自分のものではないUFOを目撃していればUFOに興味を持つはず→UFO研メンバーの中に宇宙人がいてもおかしくない?

 

*光宙が幼少期の目撃を思い出したのは擬似リーディングシュタイナー?

光宙が鈴羽と共にタイムマシンに乗った場合、過去に飛んだ光宙とその時代の光宙が世界に存在することになる。

その場合、未来の光宙の目撃の記憶が中三の光宙の記憶と僅かに混線したことをきっかけに中三の光宙が目撃の記憶を思い出した。

若干イレギュラーのようなリーディングシュタイナーではあるが、リーディングシュタイナーはシュタゲ0の存在証明のオートマトンアマデウスにも起きているくらい曖昧な現象なので可能性はありそう。

*千導光宙の能力は「記憶」に関連したもの

科学ADV恒例の主人公の能力。

本人は人より記憶力が良い程度の認識。

記憶力が良い程度の自覚はあるので幼少期の目撃の記憶が抜け落ちているのはUFOに興味を持つ理由の一つにできる。

能力を持っていることに関しては、上に書いた通り光宙の祖父の後遺症が遺伝したという理由づけができる。(祖父は後遺症で記憶能力に問題があるのに対し、光宙には正反対の記憶力に優れた能力が遺伝した)

光宙の能力が記憶に関するものであれば、上に書いた通りタイムリープする立場は光宙である必要性を強くすることができる。(目撃について最も鮮明な記憶を持っていて、他のUFO研メンバーの目撃談も把握しているため)

 

 

〜更新中〜

キャラ妄想とか展開妄想は多分別で書きます。

更新したら内容はちゃんとツイッターで呟く予定。

だれかここのネタ使ってスペボのなんか作れ、作れ。

手伝うから、作れ。

作れ。

早い話公式が作れ。

追記:ツイキャスで千代丸の口からスペボは発売されないよと断言されていたそうです。(いつのキャスでされてたのかまでは知らん。)もう恐れるものはありません誰か同人企画みたいな形でスペボ作ってください。言ってくれれば手伝うから。